東広島市の島崎歯科医院です。

〒739-0041 東広島市西条町寺家6731-1

ご予約・お問い合わせはこちら082-423-1000

歯周病とは

歯周病とは歯を支える周囲の顎の骨が溶ける病気でかつては歯槽膿漏と呼ばれていました。日本の成人の約7割は歯周病と言われており現在歯を失う原因の第一位です。

歯垢(プラーク)ってご存知ですか?

歯垢は数十種類の細菌の塊といえます。
人間の体の中で最も多くの細菌が棲息しているのは実はお口の中なのですが、細菌が棲息している事自体は問題ではありません。
何らかの原因により増えすぎ、細菌に食べかす(特に糖分を含んだ)が付着する事によって『歯垢(プラーク)=細菌の塊』が出来上がります。

歯だけでなく歯の周りに強力に付着していき、この歯垢が歯肉(歯茎)を炎症させたり、歯槽骨、歯根膜を溶かしたりしていきます。
つまり、細菌が塊になり歯や歯茎に付着することにより強い影響力で、少しずつ歯を使えなくしていくという事です。

歯垢(プラーク)ってご存知ですか?イメージ

こんな症状の方は歯周病かも!

  • 歯ぐきが腫れる
  • 歯磨きなどで歯ぐきから血が出る
  • 口臭がするまたは気になっている
  • 歯ぐきが痩せて、隙間ができてきた
  • 噛むと痛い
  • 歯がぐらぐらする

※思い当たる方は一度、歯科医にご相談ください。

歯周病の怖いところはむし歯と違い痛みといった症状がほとんどなく気付いた時にはもう歯がグラグラ動き出してしまう事や、抜歯にいたることもあります。
1年に一度は歯科医院での検診をしてください。
当院では歯周病の検査、治療、メインテナンスに力をいれています。

治療と予防

治療

歯石をとる
歯垢が固まり落としにくくなったものを、歯石と言います。
歯石は一度ついてしまうとご家庭での歯磨きでは落とすことができません。
歯石をおとし細菌を減らすだけでなく、歯につきにくいようにします。
進行してしまっている場合
非外科的な治療(通常の歯石とりなど)では治りがあまり期待できない、ある程度進行してしまった場合でも外科的な治療で対応し、できるだけ歯を保存できるよう努めています。

予防

プラークコントロール指導
歯周病の原因である歯垢(プラーク)は歯周病菌の塊。歯周病菌を増殖させないための予防や治療法です。正しい磨き方などお教えします。
日常生活の注意点
歯周病は生活習慣を整える事でも予防できます。
免疫力が減っていると、細菌の増殖を抑えることができず、細菌が増え歯ぐきが弱り歯周病がどんどん進行していってしまいます。
免疫力をつけるには、正しい食生活と、適度な運動、早寝早起きの正しい睡眠です。
また、歯周病と診断された方に一番頑張ってもらいたいことは、禁煙です。
タバコの喫煙も歯周病に関係しています。禁煙で歯周病の進行を抑えましょう

歯に違和感(痛み・痒み・歯磨き中の出血など)を感じている時にはかなり進行しているケースが多いようです。
そうなると治療が長くなりますし、最悪の場合は抜歯をしないとならないこともあります。
歯を失ってしまうと食事時の不便だけではなく、噛み合わせも悪くなり、身体にも悪影響を及ぼします。
歯周病だということに普段の生活では気付きにくいため、定期的な歯の検診をして頂くことをお勧めします。
特に、糖尿病と診断された方は、すぐに歯科医にも検診を受けに行かれた方がよいでしょう。

  • 虫歯治療
  • 予防歯科・小児歯科

Page top